最新情報


NEW 開港160周年 横浜開港祭 SDGsパーク への出店参加決定!


フードバンク横浜とは

 食品企業の製造工程で発生する規格外品をはじめ、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品(いわゆる食品ロス)を引き取り福祉施設や生活困窮者等へ無料で提供する活動をフードバンクといいます。
 発祥は米国で40年以上の歴史がありますが、日本では2000年以降から活動が行われるようになり、農林水産省による2014年2月時点の調査では、全国で39団体が活動しています。
■6人に1人が貧困と言われている時代
 食べられる安心感が如何に重要か、食のフードバンクで支えます。
■食だけでは救えない心の問題
 現状を変えるために提携支援団体と共に、心のフードバンクで支えます。
■救われる側から救う側へ
 フードバンク横浜の基本理念です。
 一緒にフードバンクや各種ボランティア等、誰かを助ける活動を行う事で、人は誰もが助け合って生きていることに気づかされます。
 救われた人が救う人に変わり、助け合いの輪が広がっていき、社会が変わる。そして皆の心に平安が生まれます。
 これを達成するため平成28年12月21日NPO法人フードバンク横浜を設立。

フードバンク横浜の主な活動と今後の取り組み

 詳しくは【活動内容】をご覧いただければと思いますが、フードバンク横浜では現在以下の様な具体的活動を行っています。

◆シングルマザー・シングルファザーへの食材等の無償支援
◆子ども食堂への食材等の無償支援
◆中高生に対するお米の無償支援(奨学米制度)
◆高校生の居場所カフェなどへの食材等の無償支援
◆街ともさん(まちとも=ホームレス)への食糧等の無償支援
◆障がい者支援団体/寄り添い方支援団体/子育て支援団体等への食材の無償提供

 現在、世界では「経済格差」による「教育格差」が社会問題となっており、日本もその例外ではありません。フードバンク横浜は、食料支援のみならず教育格差が貧困の世代間連鎖を生み出している現状を変えるため、2018年9月「英才 こどもみらい塾」を開講しました。
 国連が掲げるSDGsの17の目標のひとつは「質の高い教育をみんなに」。フードバンク横浜は、この目標を具現化する取り組みを開始し、貧困の世代間連鎖を断ち切る活動を拡大していきます。

シンボルマークについて

◆この赤いリンゴは、平安を表現しています。
◆リンゴで、葉っぱを取ればハートマークで、リンゴは中国台湾で平安を意味します。
食と心と平安を一人ひとりが支える、これがこのシンボルマークの意味です。

 
NPO法人としての開示事項
各ボタンをクリックすると該当するファイルを確認できます
平成29年度
平成28年度

NEW第2回フードドライブ 日産スタジアム
横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田

活動拡大 ボランティア大募集!

Facebook

つながる募金でご支援を!

「つながる募金」始めました。スマホやPCから簡単にご寄付いただけます。ぜひともご支援お願い致します。

NEW 第8回 フードドライブ
6月2日(日) at 西武東戸塚店

NEW 英才 こどもみらい塾
塾生募集中!

FB横浜「世界食料デー」賛同団体に

NEW 空き倉庫・空き家 募集!

  • 活動拡大に伴い、横浜市内にて現在使用されていない空き倉庫空き家空きスペース(屋内の6畳ひと間程度でも可)などござましたら是非お声がけ頂ければありがたく思います。フードロス、子どもの貧困、教育格差などの問題を改善する為に有効活用させていただきます。2019.02.01
    • フードバンク横浜 過去トピックス