街友~まちとも~支援
(私達はホームレスを"まちとも"と呼んでいます)
街友さんの支援は、フードバンク横浜を立ち上げる前から、炊き出しや寝袋、毛布支援等で、弊会メンバーが携わっていました。 その活動で感じた事が、フードバンク横浜を立ち上げるきっかけにもなっています。現在、定期的に関内駅地下通路及びその周辺で街友さんの支援を行っています。 支援物も、食品だけではありません。12月・1月の寒い季節には、寝袋、毛布などの提供も行っています。

‘LEAVE NO ONE BEHIND’
(誰一人置き去りにしない)
SAMONTE PAOLOREGEL パオロレヘル・サミンテ
“ An elderly man hands a bagful of food to an old, homeless man.
Showing simple acts of kindness to others is
one way of contributing to inclusive and sustainable development.”
ある年配の男性がホームレスのお年寄りへ
食べ物が入った袋を手渡している。
他人への自然な思いやりは、
包括的で持続可能な開発を実現する方法の一つだ。

横浜中華街の餃子で有名な”中国家庭料理店 山東”の協力を頂く

2018年3月より、横浜中華街において餃子で有名な”中国家庭料理店 山東”が フードバンク横浜にご支援下さるようになりました。
これは、山東のオーナーが私達の活動を知り、「出来るなら温かいご飯を食べさせてあげたい」と思われたことがきっかけとなっています。
掲載している写真は、”山東”のオーナーから「お店でお弁当を作るのでそれを配ってください」との暖かい言葉を頂き、そのお弁当を配っているところです。 街友の皆さんは、普段は食べることができない温かいお弁当を手にし、しきりに感謝の言葉を発せられていました。
山東様は、今後もお弁当を作って頂けることになっています。本当に有難うございます。

街友さんの社会復帰を願って

長い人生を生きる中で、人は誰しも、思いもよらず苦しい立場に追いやられることがあります。今は何不自由ない社会生活を営んでいたとしても、時に、思ってもいなかった状況に陥ってしまうことがあります。フードバンク横浜は、今後とも街友さんが自立した社会生活に戻れることを願い、街友さんへの支援活動を継続していきます。

■ NPO法人フードバンク横浜 ■

お問合せフォームへ
【住所】〒221-0052 横浜市神奈川区栄町16番1号304
【Tel/FAX】045-512-4965
【メール】thanks@fbyokohama.jp

    フードバンク横浜 過去トピックス